岡崎市、西尾市、安城市、碧南市を中心にサッカースクールを行っているルスデランパラサッカースクールです!サッカー指導やイベントを行っています。岡崎、西尾、碧南、安城さまざまな場所から皆さん通っています。

 

 
 
 
 

理念

サッカーは脚でやるスポーツではない!?

そんな考え方を、ばからしいと思うでしょうか?

しかし、これは、サッカーに隠された紛れも無い真実なのです。

周りにこんな子は、いないでしょうか?

「技術はあるのに、試合では活躍できない」

「一生懸命練習しているのに、なかなかうまくならない」

「そもそもサッカーに対して、向上心がない」

サッカーのコーチをしているとよく聞く保護者の悩みではあります。

これは、知っているようで知らない、サッカーの大切な要素に原因が

あります。

それでは一体、何が原因なのでしょうか!?

それは、サッカーにおいて大切な要素は、意外と目に見えにくい部分に

あるということです。

確かに、サッカーは、主に脚を使って行う競技です。

しかし!!

それは、ただの現象であって、大切なことは、もっと別のところに

あるのです!

例えばの話

いろいろなフェイントを身につけた選手がボールにたくさん触って

相手を抜いたとします。

もう一人の選手は、相手の重心を見て、ボールを1回だけ触って

相手を抜いたとします。

サッカーの試合で、どちらが有利に進めるでしょうか?

どちらがより時間をかけずに相手を抜くことができるでしょうか?

技術があるのと、サッカーがうまいことは別の話なのです!!

 

小学生年代では、ドリブル技術を磨くこと?

よく聞く話です。

しかし、それは本当に正しいのでしょうか?

確かに、ドリブル技術を高めた子どもは、目立ちます。

特に、小学生低学年。

ドリブルで活躍している子どもは、保護者の目から見ても誇らしいでしょう。

しかし、サッカーの指導者からみれば、一発でわかります。

無駄なドリブルだと。。。

勘違いしてほしくないのが、ドリブル技術を磨くことが

無意味と言っているわけではなく

ドリブルは、サッカーの一つの要素にすぎないということです。

ドリブルは、小学生低学年のときが、一番伸びる?

小学生低学年のときは、何をやらせても吸収が早いです。

もっというと、大人になってもドリブルはうまくなります。

プロの試合を見ていれば明らかでしょう。

元プロで活躍していた方はこんなことを言っています。

「プロになれるような人間は、サッカーが好きで、練習が終わった後も、

 一人グラウンドに残って自主練習をしているようなやつなんだよな」と。

また、これもまた、意外と知られているようで、知られていない事実です。

それは、

サッカーはチームプレーだということです!

「そんなのはあたりまえだ」という声が聞こえてきそうですね(笑)

しかし、これもどこまで理解されているでしょうか。

ドリブルで抜く人。

ドリブルで抜きやすい状況を作る人。

パスを出す人。

パスを受ける人。

パスを受けるおとりになる人。

サッカーは、ピッチにいる全員が何かをしていなければなりません。

それゆえ、優れた選手は目立たないというのもまた事実なのです。

 

小学生年代では、難しい戦術は教えられない?

果たして本当にそうでしょうか?

なぜか、このような考え方が日本には根付いています。

「小学生低学年ではドリブル、小学生高学年になったらパスを始めていこう!」

よく考えてみてください。

サッカーで一番多く使う技術は何ですか?

それは、パスとトラップです!

それゆえ、サッカーはチームスポーツとして成り立つのです!

「ドリブルとパスとトラップができるようになってから、ようやく中学生くらいから戦術を知っていこう!」

(戦術とは、問題を解決する行為です。)

それでは遅いのです。

戦術を知りながら(サッカーの原理原則を知りながら)

同時に技術も高めていくこと。

何のためにこの技術を練習するのか理解しているのかと

ただなにも考えずに技術練習を行うこと。

一体どちらのほうが意味があるでしょうか?

小学生1年生でも、パスとトラップはできるようになります。

相手を見て、相手のいないほうにパスを出すことができます。

それをやっていく上で、「だからパスのスピードは早いほうがいいのか」と

わかるようになっていくのです。

ただ単に、基礎のパス練習で、「パススピードは速く!」と怒鳴っても

子どもからしたら、やらされているだけ。

それでは、子どもの向上心は高まりません。

うちのスクールには、こんな子がいます。

「パスとトラップの練習をしよう!」

といっても、トラップせずに絶対にダイレクトでパスを返してしまう子です。

見ていると、この子は頭がよく、止める意味もないのに止める必要はない。

と考えることのできる子でした。

それを、4対1のボール回しの中でも、同じようにやっています。

しかし、今度は、相手がいる分なかなか、ダイレクトでパスを回せません。

何度やっても失敗ばかり。

そこで、この子は、考え、トラップの必要性に気づいたのです。

ボールをしっかり止めて蹴れば、ミスすることは、少なくなるのか。と。

次の週から、トラップの練習もしっかりとやるようになりました。

子どもたちが向上心を持ち、心からサッカーを楽しめるようにしていくことが大切だと思っています。

 

由来

 ルスデランパラ(luz de lampara)とは、スペイン語で「灯火」を意味します。この名前は、生徒1人ひとりが灯火のように輝いていて、その輝きを絶やすことなく大切に育てていきたいという思いから付けました。灯火が次の灯火を起こし、岡崎市や西尾市、安城市、碧南市が輝くサッカー少年、少女で溢れていることを願っています。

お問い合わせ

天野大樹(あまのひろき)
AFEN公認スペイン指導者ライセンス モニトール
アトレティコ・マドリード指導者講習修了
日本サッカー協会公認C級コーチ
日本サッカー協会公認キッズリーダー
日本サッカー協会公認4級審判員
上級救命講習修了
中学校教諭 一種免許状(数学)取得

080-3644-1852
luzlampa@yahoo.co.jp

 
 
ホームページ作り方
 
無料体験はこちらをクリック